解体工事から出る廃棄物について

解体工事によって必ず生じる「産業廃棄物」

実際の工事ではただ取り壊すのではなく、生じた廃棄物を分別しながら作業を進めているのです。木くず・鉄くず・コンクリート片・内外壁・ボード類・紙類・陶器類・ガラス類など、一つの建物には数多くの資材が使用されています。

実はこれらの資材について、昔が全て一緒くたにして解体・廃棄されていました。もちろん、そのような状態だとリサイクルもエコもあったものではありませんよね。

廃材回収

建築リサイクル法による分別解体の義務付け

昔の解体工事の現状について議論された結果、「建設資材リサイクル法」が2002年5月30日より完全施行されました。これによって解体工事による廃棄物の「分別解体」が義務付けられました。

当然、それまでより手間がかかり費用も高くなりましたが適切な処置やリサイクル、地球へのエコロジーといった環境面を考えると歓迎されるべき法律です。

法が施行されると「地球と共生し、解体工事で快適な環境を提供する」という企業理念の下、環境面において自社で行えないか検討を続けました。

廃材

平成20年、府中市荒谷町に自社中間処理施設を設立

「解体工事によって生じた産業廃棄物は自社で処理する」

このような産業廃棄物処分場を開設しようとすると各都道府県の許可が必要です。廃棄物処分場の許可を得るには高いハードルをクリアしなければならないため容易に取得できるものではありません。

当社は様々な厳しい基準をクリアし産業廃棄物中間処理場の開設に至っています。解体工事については信頼の自社廃棄物破砕プラントを所有するダイワ産業へお任せくださいませ。

 

解体工事のお見積もりはこちら

廃材