地球と共生する。解体工事から快適な環境づくりのために。

エコ

壊す、という事は何かを創りだすきっかけを創る事につながります。何かを創るためには資材が必要です。その資材は限りがあり、有限である以上は大切に使用しなければなりません。

快適な環境を作り、地球と共生するために。私たちは解体工事業者としてリサイクル事業への取り組みも強化しています。地球を守り、環境を創り、次の世代へ引き継いでいくために。

解体工事で生じた建築資材はエネルギー化や加工・再生し再利用しエコにつなげます。

建設リサイクル法に基づいた分別解体の実施

一定規模以上の建設・解体工事については「建設リサイクル法」に基づき施工時の分別解体と再資源化が義務付けられています。また、着工前の届け出が必須となっています。

再資源化に伴う自社工場の設立に関して、産業廃棄物処理施設は各都道府県の許可を得る事が必要となっていますが、この許可も容易に得る事はできません。

様々な基準や規約をクリアしてこそ、許可をいただける事から自社工場を構えられている事は信頼の証でもあるのです。

分別

廃材をチップ化しエネルギーの形でリサイクルします

ダイワ産業が回収した廃材から、木くずといった木材は自社破砕工場でチップ化し、株式会社オガワエコノスにてエネルギー化しています。コンクリートに関しては砕いたものはRC材として再利用し、アスファルト類は路盤材や埋め立て材にして再利用しています。

その他建材に関しても適正に処理・処分を実施し解体工事を行っています。

リサイクル